メディカルダイエットニュース

世界各国のダイエットに関する医療ニュースを配信します

ゼニカルの飲み方

服用方法は、食事中か食後一時間以内に水といっしょに行います。
服用は一日三回までですが、食事をしない場合に服用しても効果はないので、その時は回数制限に満たなくても、服用は避けます。

また、油分の多い食事の場合に大きな効果をもたらすため、質素な食事が多い朝食の際には効果が得づらい場合もあります。
昼食や夕食、外食などに脂っこいものを食べた場合に大きな効果をもたらすので、そのことも覚えておく必要があります。
もちろん、朝食に脂っこいものを食べた場合にも同様の大きな効果を得ることができます。

あわせて、注意点もきちんと服用前に確認しておきます。
ゼニカルのデメリットとして、脂溶性ビタミンを脂肪分といっしょに排出してしまう傾向があるので、まれにビタミン不足を引き起こす場合があります。
ビタミン不足を補うためにも、マルチビタミンなどのサプリメントを併用して服用することが、リスク回避として推奨されています。

日本では未承認のため購入は個人輸入で行うことになりますが、これらの実績や安全性を考慮すれば、個人でできる肥満治療として試してみる価値は十分にあります。