メディカルダイエットニュース

世界各国のダイエットに関する医療ニュースを配信します

ダイエットサプリと医薬品の違い

ダイエットサプリと医薬品の違いは科学的なデータで証明がされているかどうかで分けられています。
また、薬事法と呼ばれる法律によって厳密に使用法や管理方法が定められています。
効果や効能をはっきりと表記することが出来るのも医薬品の特徴です。
医薬品を購入する場合は医師による処方、薬局などでの購入となります。
ダイエットサプリはドラッグストアなどで自由に購入することが出来ます。
食品と同じ扱いですので強い副作用が発生することはありません。
反対にはっきりとした効果が現れることも保証できないためパッケージへの表記も制限されています。
医薬品はしっかりと効果や効能が科学的なデータで証明されています。
医薬品を世に送り出すために複数回の試験を行い、データを蓄積し効果を裏付ける証明を行っています。
そのためはっきりとした効果が現れます。
副作用や用法・容量も決められていますので、管理・取り扱いには専門知識を持った医師や薬剤師が必要となります。
ダイエットサプリは普段の食事で足りない栄養素を補うために摂取する物となります。
そのため栄養失調を防ぐために摂取するのであればダイエットサプリでも効果が期待できるといえます。
しっかりとした効果を期待するのであれば医薬品の選択となります。